• ビル・ゲイツの生き方に感じるものごとの感じ方、考え方

  • 著者: 本田 雅一
  • ナレーター: 後藤 敦
  • 再生時間: 27 分
  • 完全版
  • 配信日: 2016/11/16
  • 言語: 日本語
  • 制作: Audible Studios
会員特典 会員特典
  • 専用アプリでいつでもどこでも。
  • 20以上のジャンルが聴き放題。
  • 月1,500円の定額制サービス。
  • いつでも退会可能。

あらすじ・解説

2015年12月17日、久々にビル・ゲイツ氏の講演を聴きました。もっとも、かつて聴いていたテクノロジーの未来について語るゲイツ氏の話ではありません。彼が2000年ぐらいから始めてきた、そして現在は100%のエネルギーを注ぎ込んでいる“フィランソロピー”活動に関しての話です。フィランソロピーは事業を通じて世の中を改善しようという取り組みで、日本では税制上の問題などもあって一般的ではありませんが、米国では資金余力のある投資家や企業家などが取り組んできた活動です。 ゲイツ氏の場合、奥さんと2人で立ち上げたゲイツ・メリンダ財団を通じて、多種多様な事業を支援してきましたが、今回は日本で寄付文化を定着させよう、また政府にも税制の枠組みとして寄付による活動がやりやすくなるよう働きかけようとの目的で開催されている「寄付月間」に合わせて来日。朝日新聞社の主催で会が開かれ、彼の社会貢献に対する考え方を聴くことになりました。(本文より)本田雅一の「続・モバイル通信リターンズ」はこちらから→https://yakan-hiko.com/honda.html
© Masakazu Honda, (P) 2016 Audible, Inc.

カスタマーレビュー

レビューはまだありません。