価格: ¥ 2,500

会員特典 会員特典
  • 会員プラン初回登録時は30日間無料。以降は月額1,500円。いつでも退会できる。
  • 無料体験後は、毎月1つ付与される「コイン」でお好きなタイトルを購入。
  • 購入したタイトルは退会後もあなたのもの。
  • 会員ならどのタイトルでも30%OFFで購入可。
  • タイトルの返品・交換可能。
  • 追加料金なしで楽しめるコンテンツも。
OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

弁護士という実務家の仕事に加え、知事、市長、国政政党の代表として政治行政を行ってきた橋下徹、政界引退後初の著作。
現実の政治を学びながらインテリたちの抽象論、知識、情報を得て、問題解決能力を手に入れよう!
※本書はメルマガ「橋下徹の『問題解決の授業』」を大幅に加筆修正してまとめたものです。


【著者紹介】
橋下徹(はしもと・とおる)

1969年生まれ。
1994年早稲田大学政治経済学部卒業。
1997年弁護士登録。翌年橋下綜合弁護士事務所を設立し、独立。
2008年大阪府知事に就任。
2010年大阪維新の会創設。
2011年大阪市長就任。
2012年日本維新の会設立。
2014年維新の党創設。
2015年おおさか維新の会創設。
2015年任期満了で大阪市長を退任。政界引退。

【目次より】
◆第一講 舛添さん問題は最高の教科書だ
◆第二講 報道の自由こそが民主主義の根幹だ
◆第三講 ここがおかしい!公務員の政治活動
◆第四講 メディアも間違えた豊洲問題の本質
◆第五講 核心的問題点と周辺的問題点の整理
◆第六講 「現状への不満」をすくい上げよう
◆第七講 本当に政治上手!公明党とは何者か
©橋下徹 (P)2019 Audible, Inc.

カスタマーレビュー

総合評価

  • 3.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    2
  • 星4つ
    1
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    1

ナレーション

  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    4
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

ストーリー

  • 3.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    2
  • 星4つ
    1
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    1
並べ替え:
  • 総合評価
    1 out of 5 stars
  • ナレーション
    3 out of 5 stars
  • ストーリー
    1 out of 5 stars
  • Amazon カスタマー
  • 2019/02/11

タイトル詐欺

タイトルに述べられてるようなことはおまけで

自分の嫌いな政治家の悪口
文春やマスコミとのやりあいの武勇伝

そんなような内容だったね、酒の席の愚痴かよ!

1人中1人のお客様がこのレビューが参考になったと答えています。

同じ著者・ナレーターのタイトル