会員特典 会員特典
  • 専用アプリでいつでもどこでも。
  • 20以上のジャンルが聴き放題。
  • 月1,500円の定額制サービス。
  • いつでも退会可能。

あらすじ・解説

あんずの花も咲く頃、貴子が駆けつけたビジネスホテルには年配の男女が倒れていた。自殺か他殺か。二人の過去を追うと、とある男がうかびあがってきた――表題作の『花散る頃の殺人』、ほか『あなたの匂い』『冬の軋み』『長夜』『茶碗酒』『雛の夜』の全6話収録。直木賞受賞作『凍える牙』の続編に当たる、女刑事・音道貴子シリーズ第二弾。『凍える牙』につづき大森ゆきの朗読で。  監督/吉田純子・編集/三好達也_林岳史
(C) ことのは出版

カスタマーレビュー

総合評価

  • 5つ星のうち4.0
  • 星5つ
    3
  • 星4つ
    5
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    1
  • 星1つ
    0

ナレーション

  • 5つ星のうち4.1
  • 星5つ
    2
  • 星4つ
    7
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

ストーリー

  • 5つ星のうち3.6
  • 星5つ
    3
  • 星4つ
    2
  • 星3つ
    3
  • 星2つ
    2
  • 星1つ
    0
並べ替え:
  • 総合評価
  • ナレーション
  • ストーリー
  • 匿名
  • 2018/01/16

オトコギライになりそ

ストーカーがなまなましく、心底気持ち悪い。それに対する男のひとたちのおもいやりのなさ。チカンでもレイプでも、やった人と同じくらい、そのまわりのヤローどもに腹たつ。