価格: ¥ 3,500

会員特典 会員特典
  • 会員プラン初回登録時は30日間無料。以降は月額1,500円。いつでも退会できる。
  • 無料体験後は、毎月1つ付与される「コイン」でお好きなタイトルを購入。
  • 購入したタイトルは退会後もあなたのもの。
  • 会員ならどのタイトルでも30%OFFで購入可。
  • タイトルの返品・交換可能。
  • 追加料金なしで楽しめるコンテンツも。
OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

「ついに俺の文化勲章受章が内定したか」「冗談は顔だけにしてください」冗談は顔だけにおさまらず、我らが木戸孝之介の小説が日本文芸大賞にノミネートされた。しかも・・ 押し寄せてくる編集者、失踪した義母富江、よどんだ気分で作家が向かったのは勧善懲悪キャンペーン中の悪の巣窟、プリズンホテルである。服役を終えた小俣弥一、競馬狂いの楠堀留、スターをめざす春野さくらとその母ふぶき、或る者は去り、或る者は留まったが、逃げた者はいない。人気シリーズ大団円。  監督/吉田純子・編集/三好達也
©ことのは出版株式会社

カスタマーレビュー

総合評価

  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    7
  • 星4つ
    1
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

ナレーション

  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    7
  • 星4つ
    1
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

ストーリー

  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    7
  • 星4つ
    1
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
並べ替え:
  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • どうした雷電顔色がわるいぞ
  • 2019/03/15

兎にも角にもナレーション

とにかくナレーションが良くて何度も泣かされた。ラスト1時間は終わるのが寂しいと思う良作でした。