最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

シャーロック・ホームズの冒険1

ボヘミア王のスキャンダル/赤毛連盟
ナレーター: 吉開 清人
再生時間: 2 時間 16 分
4.5 out of 5 stars (57件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 2,000
30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

あらすじ・解説

世界中で愛される名探偵ホームズと、相棒ワトスン医師の名コンビの活躍が、最も読みやすい最新訳で蘇る! 女性翻訳家ならではの細やかな感情表現が光る短編集。
※本作品は角川文庫「シャーロック・ホームズの冒険」を分冊し、ボヘミア王のスキャンダル/赤毛連盟を収録したものです。
(C) Fumiko Ishida 2010

カスタマーレビュー

総合評価

  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    25
  • 星4つ
    25
  • 星3つ
    7
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

ナレーション

  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    27
  • 星4つ
    17
  • 星3つ
    5
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

ストーリー

  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    27
  • 星4つ
    16
  • 星3つ
    5
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    1
並べ替え:
  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • 山根信司
  • 2018/06/07

クールな声

 世界中で愛されてきたシャーロックホームズシリーズは何度聞いても面白い。オーディブルの仕入れ担当者の方は、こういう作品をもっと入荷してほしい。また、ホームズの声がクールで格好いい。どことなく、ジョーカーゲーム(オーディブル収録作品)に登場する結城中佐の様な雰囲気を醸しだしてるなあ、と思ったら同じ方がナレーションを務めていたことが分かった。聞き比べてみるのも、楽しみの一つです。

3人中3人のお客様がこのレビューが参考になったと答えています。

  • 総合評価
    4 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • 購入者
  • 2019/04/17

飽きずに最後まで楽しめました。

冒頭から興味をそそられる出来事や不思議な依頼があり、話に引き込まれました。短編なので気軽に聴けました。

  • 総合評価
    4 out of 5 stars
  • ナレーション
    4 out of 5 stars
  • ストーリー
    4 out of 5 stars
  • 2018/07/27

現代版シャーロックより

BSで放送されていたシャーロック(現代版)が素晴らしく面白かったのでこちらにも興味が湧いた

現代版とは違い変人具合がかなり抑えられていて全く違う作品といった印象を受ける

アイリーンという女性はシャーロックの中でもとても人気があるとのことだったが本書だけでは魅力的ではあるがただの脇役に過ぎないと感じた

シャーロックは常人ではないので先読みで事件を予測することは多い
その縛りからか本書では事件そのものは大したことなく淡々と事件が起きその後に推理の披露と、いうパターンになる

ミステリーのあふれる現代においてはシャーロックという名だけが独り歩きしていて面白い作品など溢れるくらいあるだろう

ここまで評価されているのは自体背景が大きく関わっている
それはアーサーの人生を紐解けばわかる事だがやはりオマージュ作品の方が面白いと思うのは現代っ子だからだろうか

しかしシャーロックという人物像に皆が惹かれるのは素晴らしいことだと思う

  • 総合評価
    4 out of 5 stars
  • ナレーション
    4 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • Whity
  • 2018/06/23

初のAudibleコンテンツ

何度も読んだ内容なのでストーリーは知っていたが、音声で聴くと新鮮な感じがして良かった。

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • ceptor
  • 2018/05/29

アイリーン

ボヘミア王から1枚の写真を取り戻してほしいとの依頼。その写真の持ち主アイリーンが、登場場面は少ないものの、鮮烈なイメージを残す魅力的な女性。余韻が素敵です。