最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

熱源

著者: 川越 宗一
ナレーター: 逢笠 恵祐
再生時間: 33 時間 35 分
カテゴリー: 現代文学
4.5 out of 5 stars (33件のカスタマーレビュー)

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

本タイトルには付属資料・PDFが用意されています。ご購入後、デスクトップのライブラリー、またはアプリ上の「目次」でご確認ください。(アプリバージョン:Android 2.40以上、iOS 3.11以上)

書籍では日本語と現地語(アイヌ語など)が併記されている部分があるため、オーディオブック版では本書の内容を鑑み下記の対応としております。

トラック1~12:日本語のみを読み上げた日本語版
トラック13~24:現地語のみを読み上げた現地語版

それぞれお好みに応じてご選択ください。
なお、日本語版・現地語版の双方が収録されているため、本オーディオブックの再生時間表記は本編の約2倍になっております。予めご了承ください。

第162回直木賞受賞作

降りかかる理不尽は「文明」を名乗っていた。

樺太アイヌの闘いと冒険を描く前代未聞の傑作!

樺太(サハリン)で生まれたアイヌ、ヤヨマネクフ。

開拓使たちに故郷を奪われ、集団移住を強いられたのち、天然痘やコレラの流行で妻や多くの友人たちを亡くした彼は、やがて山辺安之助と名前を変え、ふたたび樺太に戻ることを志す。
一方、ブロニスワフ・ピウスツキは、リトアニアに生まれた。

ロシアの強烈な同化政策により母語であるポーランド語を話すことも許されなかった彼は、皇帝の暗殺計画に巻き込まれ、苦役囚として樺太に送られる。
日本人にされそうになったアイヌと、ロシア人にされそうになったポーランド人。

文明を押し付けられ、それによってアイデンティティを揺るがされた経験を持つ二人が、樺太で出会い、自らが守り継ぎたいものの正体に辿り着く。
金田一京助がその半生を「あいぬ物語」としてまとめた山辺安之助の生涯を軸に描かれた、読者の心に「熱」を残さずにはおかない書き下ろし歴史大作。
©川越 宗一 (P)2020 Audible, Inc.

熱源に寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    22
  • 星4つ
    8
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    2
  • 星1つ
    1
ナレーション
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    16
  • 星4つ
    3
  • 星3つ
    3
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    1
ストーリー
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    18
  • 星4つ
    2
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    2
  • 星1つ
    1

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

並べ替え:
絞り込み:
  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • かねちゃん
  • 2020/04/02

スケールの大きさに圧巻

明治、大正、昭和。三時代に跨がるスケールの大きさに圧巻しました。アイヌと言えば北海道の先住民というイメージしかありませんでしたが、樺太(サハリン)の先住民でもあったのかと今更ながら知りました。アイヌ人の預かり知らぬところで、ロシア領になり、日本領になり、そしてソ連の占領に至る。その狭間で翻弄され続けた樺太アイヌ達と、それに関わる人々の壮絶な物語。感慨深い作品だと思います。

  • 総合評価
    4 out of 5 stars
  • ナレーション
    3 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • 太郎坊
  • 2020/09/08

事実は奇なり、を小説を以て知る

樺太アイヌのヤヨマネクフと、ポーランド人のアイヌ研究者ブロニスワフ・ピウスツキの二人が主人公。
恥ずかしながら、てっきり二人とも架空の人物だと思って途中まで読んでいた。
二人が出会う樺太を中心に、日露戦争やポーランド独立、果ては白瀬南極探検隊までが絡んでくる展開に、よく作者はこれほどスケールの大きい構想を練り上げたものだと感心していたのだが、調べて二人とも実在の人物であり、その足跡もほぼ史実に基づいていると知って、逆に感嘆した。
今よりはるかに移動手段の限られていた時代に、世界を縦横に移動しながら活動した二人が、実際に樺太で出会っていたという事実は、それだけで面白い。
その二人の出会いを軸にして、民族とは何か、生きるとは何かを描くことで、小説としてもがっしりとした力強い作品になっている。
直木賞受賞時の選評の中に、「もっと二人の関わりを深く描けたのでは」「やや省かれている部分があるのは残念」というものがあったが、確かに史実の面白さを知ると、小説はもっと面白くできたのではと思う部分はあるかもしれない。しかし、その減点を補って余りある力を感じた。
ナレーションは声優として経験のある方のようで、悪くはないのだが、小説の朗読には不慣れなのか、複数の人物の演じ分けがちょっとぎごちなかった(特に前半)。漢字の読み間違いも散見されてやや残念。なにぶん20時間を超える朗読なので間違いは仕方ないのだが、こういうのは指摘してくれるスタッフがいたらいいと思う。