会員特典 会員特典
  • 専用アプリでいつでもどこでも。
  • 20以上のジャンルが聴き放題。
  • 月1,500円の定額制サービス。
  • いつでも退会可能。

あらすじ・解説

文明開化の空の下、もと岡っ引きの半七老人が新聞記者に語る江戸の思い出話。――幼い娘は何に怯えて泣くのか。理由を知っているはずの嫁は黙して語らず、里に帰りたがるばかり…渋谷朋子朗読『お文の魂』。第一集では他に『石燈籠』伊東友也・『勘平の死』藤田かおる・『湯屋の二階』窪田涼子・『お化け師匠』川本知枝・『半鐘の怪』大津千絵・『奥女中』相原 麻理衣(木下まりぃ)・『帯取りの池』高松潤・『春の雪解』吉田健太郎・『広重と河獺』森川凛、を収録。 ――幕末の江戸を舞台に、人情に篤いがクールな知性派、半七親分が大活躍!※本全集は全十巻です。
(C) ことのは出版株式会社

カスタマーレビュー

総合評価

  • 5つ星のうち5.0
  • 星5つ
    2
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

ナレーション

  • 5つ星のうち
  • 星5つ
    0
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

ストーリー

  • 5つ星のうち5.0
  • 星5つ
    1
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
レビューはまだありません。