最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

愛蔵版 モリー先生との火曜日

ナレーター: 岩渕 敏司
再生時間: 6 時間 35 分
カテゴリー: エッセー・自伝
4.5 out of 5 stars (7件のカスタマーレビュー)

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

スポーツコラムニストとして活躍するミッチ・アルボムは、偶然テレビで大学時代の恩師の姿を見かける。モリー先生は、難病ALS(筋萎縮性側索硬化症)に侵されていた。
16年ぶりの再会。モリーは幸せそうだった。動かなくなった体で人とふれあうことを楽しんでいる。
「憐れむより、君が抱えている問題を話してくれないか」
 モリーは、ミッチに毎週火曜日をくれた。
 死の床で行われる授業に教科書はない。
 テーマは「人生の意味」について。

世界で1600万部を超える大ベストセラーの刊行20周年を記念して、著者・訳者の新たなあとがきを加えた「愛蔵版」。
親から子へ、そして大切な友人へ読み継がれる大事な心のレッスンが詰まっています。

■[著者]ミッチ・アルボム(Mitch Albom)
フィラデルフィア出身。1970年代後半、ブランダイス大学の学生時代に、社会学教授のモリー・シュワルツと出会う。
卒業後、プロミュージシャンを目指すが、挫折。コロンビア大学でジャーナリズムの修士号を取得し、デトロイト・フリープレス紙のスポーツコラムニストとして活躍。AP通信によって全米No.1スポーツコラムニストに過去13回選ばれている。
2006年、デトロイトの最貧困層の生活向上を支援する慈善団体の統括組織S.A.Y.Detroitを設立。また、ハイチのポルトープランスにHave Faith Haiti Missionという孤児院を設立し、運営している。

■[訳者]別宮貞則(べっく さだのり)
翻訳家。元上智大学文学部教授。翻訳グループBEC会主宰。1927年生まれ。
おもな著書に『ステップアップ翻訳講座』『裏返し文章講座』『さらば学校英語 実践翻訳の技術』『「ふしぎの国のアリス」を英語で読む』(いずれもちくま学芸文庫)、訳書にポール・ジョンソン『インテレクチュアルズ』(講談社学術文庫)、『アメリカ人の歴史』(共同通信社)、ノーマン・デイヴィス『アイルズ 西の島の歴史』(共同通信社)など多数。著訳書含めて180冊以上を上梓している。

■[オリジナル版 装幀]坂川栄治+鳴田小夜子(坂川事務所)
■[装画]秋山花
©Tuesdays with Morrie by Mitch Albom Copyright © ASOP, Inc. 1997, 2017 Japanese translation rights arranged with ASOP, Inc. f/k/a Mitch Albom, Inc. c/o David Black Literary Agency, Inc., New York through Tuttle-Mori Agency, Inc., Tokyo Japanese Edition Copyright © 1998,2018 Sadanori Bekku (P)2019 NHK Publishing,Inc.

同じ著者・ナレーターの作品

カスタマーレビュー
総合評価
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    5
  • 星4つ
    1
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ナレーション
  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    4
  • 星4つ
    1
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ストーリー
  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    5
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

並べ替え:
絞り込み:
  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • 海外旅行大好き
  • 2019/07/24

想い出の本

中学生時代に読んだものを、Audibleで聞きました。互いに愛せよ、与えよなどの言葉は今後も心に留めたいものです。

  • 総合評価
    4 out of 5 stars
  • ナレーション
    4 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • Amazonカスタマー
  • 2019/04/08

人生の意味とは

いいお話でした。ナレーションはもう少し落ち着いたトーンでもよかったかも。