最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

子どもにウケるたのしい雑学

著者: 坪内 忠太
ナレーター: 安田 愛実
再生時間: 5 時間 12 分
カテゴリー: エンタメ・カルチャー
3 out of 5 stars (2件のカスタマーレビュー)

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

     <内容紹介>
動物、虫、植物、体、食べ物、宇宙まで、身の回りから星の世界まで、
不思議あれこれを、おもしろく解説した雑学の本です。
 

    問われてみれば、不思議でわからない、子どもの「なぜ?」にも上手に 答えらます。
 

    ◎なぜ、イヌはよそのイヌのお尻をクンクン嗅いでまわるか?
◎なぜ、ツバメは山や森ではなく人家に巣をつくるか?
◎耳の穴に指を突っ込むと聞こえる「ゴーッ」という音の正体は?
◎セミは逃げるときどうしてオシッコをするか?
◎大型旅客機の愛称は、なぜ「ジャンボ」か?
◎地球も月も太陽も球。天体はなぜまるいのか?
◎夜、車で走っていると月が追ってくる。なぜだろうか?
◎お風呂の栓を抜くと、なぜ必ず左巻きの渦になるか?
 

    子どもとの会話に使うと、大ウケ間違いありません。
 

    <目次>
第1章_なぜ、イヌはよそのイヌのお尻をクンクン嗅いでまわるか?
第2章_耳の穴に指を突っ込むと聞こえる「ゴーッ」という音の正体は?
第3章_セミは逃げるときどうしてオシッコをするか?
第4章_タネナシスイカは、タネがなくて来年もできるのか?
第5章_田舎の空気はなぜ、おいしいか?
第6章_大型旅客機の愛称は、なぜ「ジャンボ」か?
第7章_シマウマのシマ模様は、「白地に黒」か「黒地に白」か?
第8章_地球も月も太陽も球。天体はなぜまるいのか?
 

    <坪内忠太(つぼうち・ちゅうた)>
慶應義塾大学法学部卒。著述家。書籍編集のかたわら、「雑学」を収集。著書に『雑学 子どもにウケるたのしい日本』『子どもにウケる楽しい雑学』『子どもにウケる楽しい雑学②』『子どもにウケる楽しい雑学③』『脳にウケる楽しい雑学』『子どもにウケるからだの謎ウソ・ホント!?』『大人にウケる子どもの質問』など。    

©Chuta Tsubouchi. 2009

カスタマーレビュー

総合評価

  • 3 out of 5 stars
  • 星5つ
    0
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    2
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

ナレーション

  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    0
  • 星4つ
    2
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

ストーリー

  • 3 out of 5 stars
  • 星5つ
    0
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    2
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
レビューはまだありません。