最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

魔術師

著者: 江戸川 乱歩
ナレーター: 楠木 華子, でじじ
再生時間: 9 時間 22 分
価格: ¥ 1,000
30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

あらすじ・解説

<内容紹介>

「蜘蛛男」の事件を解決した後、湖畔のホテルで静養していた明智小五郎は、そこで有名な宝石商・玉村善太郎の娘である妙子と出会う。

二人はお互い惹かれ合うが、やがて妙子は先に帰京すると、叔父の福永の元に奇妙な脅迫状が届き、明智に助けを求める。明智も妙子に協力するために帰京したが、その最中で何者かに誘拐されてしまう。

次に目が覚めたとき、明智は沖合に停泊していた船の中にいた。
それは玉村善太郎一族へ復讐をしようとする怪人・魔術師の仕業であった。魔術師は玉村一族に対する復讐は長年の悲願であり、自分の復讐が終わるまでは明智に大人しく従うように言う。
しかし、それを激しく拒否する明智を魔術師は殺そうとするのだが……

<江戸川乱歩(えどがわ・らんぽ)>

日本の推理小説家。1894年10月21日生まれ、三重県生まれ。筆名は、19世紀の米国の小説家エドガー・アラン・ポーに由来する。数々の職業遍歴を経て作家デビューを果たす。本格的な推理小説と並行して『怪人二十面相』、『少年探偵団』などの少年向けの推理小説なども多数手がける。代表作は『人間椅子』、『黒蜥蜴』、『陰獣』など。1954年には乱歩の寄付を基金として、後進の推理小説作家育成のための「江戸川乱歩賞」が創設された。
©2019 PanRolling

カスタマーレビュー

レビューはまだありません。