会員特典 会員特典
  • 専用アプリでいつでもどこでも。
  • 20以上のジャンルが聴き放題。
  • 月額1,500円。
  • いつでも退会可能。

あらすじ・解説

『蜘蛛の糸』は、1918年(大正7年)、児童向け文芸誌「赤い鳥」創刊号に発表された芥川龍之介の代表作。人間のエゴイズムを端的に表現した作品で、評価が高く、幅広い年代に読まれている。 芥川龍之介(あくたがわ りゅうのすけ、東京生まれ、1892年 - 1927年)。作品の多くは短編小説であるが、『蜘蛛の糸』『杜子春』のような児童向けから『地獄変』のような古典を題材にした作品も数多く執筆した。
(P) 2011 MBS

カスタマーレビュー

総合評価

  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    4
  • 星4つ
    5
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    1

ナレーション

  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    4
  • 星4つ
    5
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

ストーリー

  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    5
  • 星4つ
    3
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    1
レビューはまだありません。