会員特典 会員特典
  • 専用アプリでいつでもどこでも。
  • 20以上のジャンルが聴き放題。
  • 月額1,500円。
  • いつでも退会可能。

あらすじ・解説

 薫の君も中の君も、大君への追慕は消えることなく、春となりました。明石の中宮からお許しをいただいた匂宮は、いよいよ中の君を京へお迎えできることになりました。尼になった弁を残し、住みなれた宇治を離れるのは勇気がいりましたが、泣いてばかりいた中の君も、匂宮に大切にされ、二条の院で仲睦まじくお暮らしです。
©瀬戸内寂聴/レシピ ©奥村瓔

カスタマーレビュー

総合評価

  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    3
  • 星4つ
    1
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

ナレーション

  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    3
  • 星4つ
    1
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

ストーリー

  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    4
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
並べ替え:
  • 総合評価
    4 out of 5 stars
  • ナレーション
    4 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • 雨情枝垂れ
  • 2017/12/27

中の君の歌が上手だ

声優さんの声は現代っ子風でドライだが歌の内容は内面と風景が溶け合ってしっとりしていた。中の君は個人になれそうなブルースの歌い手だと思った。