最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

人生を決める3つの約束

著者: 西田 文郎
ナレーター: ラムゼス
再生時間: 3 時間 21 分
4.5 out of 5 stars (14件のカスタマーレビュー)

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

自分との約束、師との約束、愛する人との約束…。一流と呼ばれる人達はこの「3つの約束」を必ず守っています。言い換えれば、この「3つの約束」を守らなければ一流にはなれないのです。・約束を守れば、思いが変わる。・思いが変われば行動が変わる。・行動が変われば習慣が変わる。・習慣が変われば人格が変わる。・人格が変われば人生が変わる。「3つの約束」を守る「約束力」は人生を変えるほど大きな力を持っています。あなたも人生を成功へ導いてくれる「約束力」を磨き、より有意義でより豊かな人生を送りましょう。
(C)2012 RAMZES

カスタマーレビュー

総合評価

  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    10
  • 星4つ
    2
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    1
  • 星1つ
    1

ナレーション

  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    10
  • 星4つ
    2
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

ストーリー

  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    9
  • 星4つ
    2
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    2
  • 星1つ
    0

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

並べ替え:
絞り込み:
  • 総合評価
    1 out of 5 stars
  • ナレーション
    4 out of 5 stars
  • ストーリー
    2 out of 5 stars
  • Amazon カスタマー
  • 2018/04/07

昭和の自己啓発本

第3章の積極的的自己犠牲の話で育児は母親だけがする前提の話に腹が立ちます。
母親が子供を虐待するのは積極的自己犠牲がないからだそうです。母親が子供為に犠牲になるのは当たり前。それが当然ですって。父親には一切追求しない。また、仕事を支えない妻なら取り替えた方がいいとの事。“代わりにはいくらでもいるから“

著者は他人に自己犠牲を強いるタイプですね。子供がいるとしたら育児に一切関わっていないんでしょう。
非論理的な著者の主観に基づいた男尊女卑の古い自己啓発本です。
これからの社会では通用しない思想なので読まなくてもいいと思います。

1人中1人のお客様がこのレビューが参考になったと答えています。