会員特典 会員特典
  • 専用アプリでいつでもどこでも。
  • 20以上のジャンルが聴き放題。
  • 月1,500円の定額制サービス。
  • いつでも退会可能。

あらすじ・解説

若い夫婦が自宅で惨殺され、現場には「怒」という血文字が残されていた。犯人は山神一也、二十七歳と判明するが、その行方は杳として知れず捜査は難航していた。そして事件から一年後の夏――。千葉の港町で働く槙洋平・愛子親子、東京の大手企業に勤めるゲイの藤田優馬、沖縄の離島で母と暮らす小宮山泉の前に、身元不詳の三人の男が現れた。
©吉田 修一 (P) 2017 Audible, Inc.

カスタマーレビュー

総合評価

  • 5つ星のうち4.2
  • 星5つ
    8
  • 星4つ
    8
  • 星3つ
    2
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    1

ナレーション

  • 5つ星のうち4.4
  • 星5つ
    10
  • 星4つ
    5
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    1

ストーリー

  • 5つ星のうち3.9
  • 星5つ
    6
  • 星4つ
    7
  • 星3つ
    2
  • 星2つ
    1
  • 星1つ
    1
並べ替え:
  • 総合評価
  • ナレーション
  • ストーリー
  • アビ
  • 2018/01/17

初「オーディオブック小説」

オーディオブックにては実用書しか聞かない方だったけどこのタイトルでオーディオブックの小説に挑戦!なかなかいい初体験させていただきました。途中、複数人の声優を起用した意味に気付き、なるほど!と。こんな演出手法もあるのですね。

  • 総合評価
  • ナレーション
  • ストーリー
  • nelson
  • 2017/12/18

声が小さい

Audibleで何は置いても一番大切なのはナレーションの聞き取りやすさだと思います。
この作品は他に比べて明らかに声が小さめに収録されている上に、感情を抑えたナレーションをしているせいか酷く聞きづらくなっています。
静かな部屋で聞くのならまだしも、車の運転中など雑音がある環境では最大音量でも聞き取り辛くなっています。