なぜ稲盛和夫の経営哲学は、人を動かすのか? オーディオブック

なぜ稲盛和夫の経営哲学は、人を動かすのか?

1カ月無料でAudibleを体験しよう!

無料体験登録ページへ
  • 専用アプリでいつでもどこでも。
  • 20以上のジャンルが聴き放題。
  • 月1,500円の定額制サービス。
  • いつでも退会可能。

あらすじ・解説:

※この作品は原著を要約したものです。 稲盛和夫氏と言えば、京都セラミック(現在の京セラ)と第二電電(後に2社と合併した現在のKDDI)の創業者であり、会社更生法が適用されたJALをわずか2年で立て直した経営者である。その経営の根底には、稲盛氏独自の経営哲学があることは広く知られている。 稲盛氏の経営哲学は思想や精神論に近いもののようにも感じられる。もちろん、京セラや第二電電で用いられていた、企業の人員を6~7人の小集団(アメーバ)に組織して時間当たり採算の最大化を図る「アメーバ経営」のような戦略的手法も考案・実践しているが、企業集団で取り組むすべてに関わることとして、働く人間はどうあるべきかということを稲盛氏は説き続けている。これが、その経営手法が「稲盛教」とも呼ばれるゆえんであろう。 そうした稲盛氏の経営哲学を脳科学と結び付けたのが本書である。経営者の名言の解説は、通常、精神論的であったり感情で理解したりするものが多いが、本書のように脳の働きとリンクさせると、「その考え方、行い方は正しい」という裏付けにもなり、非常に説得力がある。特に参考にしたいのは、上司の部下への接し方である。上司の立場にいる人であれば、部下のやる気や仕事の成果がふるわない原因がよくわかるだろう。逆に言えば、本書にある手法を参考にすれば、部下を成長させられるのだ。もちろん、そのためにはうわべの言葉だけでなく、心から部下に感謝したり、褒めたりしなければならないと稲盛氏は説く。やはり、最後は「心」が大事なのである。(原 ユキミ)

© 2016 flier Inc. All rights reserved. (P) 2016 Audible, Inc.

リリース情報

本は「朗読」で聴こう
Audible(オーディブル)

アプリで本の朗読を持ち歩こう
プロの朗読で、本はもっと楽しく感動的に

名作から人気の現代文学、自己啓発やビジネス、落語や語学、ライトノベルなどオーディオブックのジャンルは20以上。読み手はプロのナレーターや俳優陣。さあ、Audibleで新しい読書体験をしよう。
・Audibleのサービス・特長をもっと詳しく見る

アプリで好きなだけ
月額1500円の
聴き放題サービス

アプリはiPhone、Android端末やタブレット
そしてPC(Windows10)に対応
ダウンロード方式で、電波のない場所でも聴ける

Audibleのサービスは、たくさんの本が好きなだけ聴ける定額制。アプリには、再生速度のアップダウン、巻き戻し・早送り機能、気になる箇所へのブックマーク、スリープタイマーなど、便利な機能があります。
・端末ごとのアプリをインストール

世界中で愛される
Audible

世界での利用者は、数百万人

Audible, Inc.は世界最大級のオーディオブック制作・配信事業者です。1995年アメリカでの創業し、現在までにイギリス・ドイツ・フランス・オーストラリア・イタリアそして日本にて事業を展開しています。世界での利用者は、数百万人に及びます。
・Audibleのヒストリーについてもっと詳しく見る

目も両手も使わない読書
さあ、1カ月間無料体験

家事や通勤、ジョギング中やベッドでも

例えば家事をしながら直木賞作品を楽しんだり、通勤や通学中にビジネス書や語学を聴いたり。Audibleは生活の様々な場面に本や物語に触れるチャンスを増やしてくれます。
1カ月無料体験登録