最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

孫正義の世界戦略 (週刊東洋経済eビジネス新書 No.31)

ナレーター: 岩見 聖次
再生時間: 1 時間 1 分
3.5 out of 5 stars (22件のカスタマーレビュー)
30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

あらすじ・解説

本タイトルには付属資料が用意されています。
ご購入後、PC上でAudibleのホームページを開き、「ライブラリー」をご確認ください。
※Windows10端末をご利用のお客様は、アプリ上で直接ご覧いただけます。

2013年7月、ソフトバンクによる米スプリント・ネクステル買収が完了した。早速、同月からデータ通信が無制限となる割安プランを投入するなど、日本で傘下通信3社をV字回復させてきたノウハウを生かし、陣頭指揮を執る孫正義社長。だが、ここまでの道のりは険しかった。
 スプリントを1.6兆円(当初)で買収すると発表したのは、KDDIに対抗してイーアクセスの買収を決めたわずか2週間後。他社との争奪戦に発展し、買収額上乗せで、ようやく買収にこぎ着けた。
 この間、立て続けに思い切った決断を下してきた孫社長は、何を考え、どう動いたのか。孫社長やキーマンへの直撃取材をもとに、1年間を『週刊東洋経済』の記事で振り返る。
©東洋経済新報社 (P) 2017 Audible, Inc.

カスタマーレビュー

総合評価

  • 3.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    2
  • 星4つ
    8
  • 星3つ
    9
  • 星2つ
    3
  • 星1つ
    0

ナレーション

  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    6
  • 星4つ
    1
  • 星3つ
    6
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

ストーリー

  • 3.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    1
  • 星4つ
    7
  • 星3つ
    4
  • 星2つ
    1
  • 星1つ
    0
並べ替え:
  • 総合評価
    3 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    3 out of 5 stars
  • ceptor
  • 2018/07/02

2013年の情勢

LTEへの移行期の話。そういうことだったのか、と今さらながら納得するところもあるけど、あとはやはり今となっては話題が古くて、あまり興味が持てなかった。