会員特典 会員特典
  • 専用アプリでいつでもどこでも。
  • 20以上のジャンルが聴き放題。
  • 月額1,500円。
  • いつでも退会可能。

あらすじ・解説

※この作品は原著を要約したものです。 「多角化経営」と聞くと、大企業の経営戦略というイメージがあるかもしれない。しかし本書で説かれている「多角化戦略」に触れると、それは大企業の専売特許ではないことがよくわかる。「多角化」とは企業規模にかかわらず、顧客のニーズに合わせて事業のありかたを柔軟に変えていくことであり、すなわち本質を見据えた企業活動そのものともいえる。意思決定のスピードが速く小回りが利くという点では、むしろ中小企業にこそ適した戦略といえる。 多角化といっても、現在の主力事業とまったく関係のないことを始めなければいけないわけではない。現在の事業でカバーしきれていない市場にターゲットを広げたり、ニーズのある関連商品を拡充したりと、今やっていることの延長上でできる多角化は、多数ある。現場の声を聞き、どこに多角化のチャンスがあるのか。本書ではそのさまざまな手法について詳しく触れているため、多角化のヒントを見つけることができるだろう。 どの企業でも、「本業」と認識している事業があるだろう。しかしそれを「本業」として守り続けること自体が目的になってしまうことは、大変危険である。事業の向こうにいる顧客も、それを取り巻く社会も常に変化し続けているからだ。顧客に提供するサービスや価値、行う事業も、変化するのは自然なことといえる。「本業」を大切にしながらも、顧客に愛され続けるために常に変化し続ける。本書はその方法論を具体的に指南する一冊である。(竹内 彩子)(毎月第1水曜配信予定)
© 2016 flier Inc. All rights reserved. (P) 2016 Audible, Inc.

カスタマーレビュー

総合評価

  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    1
  • 星4つ
    1
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

ナレーション

  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    1
  • 星4つ
    1
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

ストーリー

  • 3.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    1
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    2
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
レビューはまだありません。