最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

あたらしい経済「ブロックチェーンのスケーリング技術「Plasma(プラズマ)」の可能性(株式会社Cryptoeconomics Lab 落合渉悟インタビュー)」

再生時間: 不明
5.0 out of 5 stars (1件のカスタマーレビュー)

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR

あらすじ・解説

     幻冬舎のブロックチェーン/暗号資産(仮想通貨)/フィンテック専門メディア「あたらしい経済(New economy)」によるaudible特別番組第6弾。今回は株式会社Cryptoeconomics Lab(クリプトエコノミクス ラボ)の落合渉悟氏にブロックチェーンのスケーリング(高速化)技術について、そしてPlasma(プラズマ)の可能性について語っていただいたインタビュー回です。ブロックチェーンエンジニアがどのような思考で未来を見ているか、そしてどのように実用化を目指しているかを感じていただけるコンテンツになっております。是非お楽しみください。

落合渉悟(Sg)
株式会社Cryptoeconomics Lab co-founder

Ethereum, Tezos, Polkadotそれぞれのセキュリティを引き継いだままtxのコストを落とすLayer-2 scaling framework Gazelleを開発するCryptoeconomics Labに所属。ベンチャー投資を民主化するDAOであるUrashibuDAO, 不動産投資を民主化するDAOであるKominkaDAO, 自治体をDAOにするStateOSなど独創的なプロトコル設計を次々と提案している。また、それらのDAOのscaling技術であるOptimistic Rollupにも造詣が深い。

あたらしい経済:https://www.neweconomy.jp/

オープニング曲:小林未季    

©株式会社幻冬舎 (P)2020 Gentosha, Inc.

あたらしい経済「ブロックチェーンのスケーリング技術「Plasma(プラズマ)」の可能性(株式会社Cryptoeconomics Lab 落合渉悟インタビュー)」に寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    1
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ナレーション
  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    1
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ストーリー
  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    1
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

レビューはまだありません。