最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

ふしぎな雑学読本

著者: 坪内 忠太
ナレーター: 清水 秀光
再生時間: 5 時間 31 分
4.5 out of 5 stars (5件のカスタマーレビュー)

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

「ふしぎ」なことは、いろいろありますが、その中でも一番の「ふしぎ」 は「宇宙の始まり」でしょう。
なにしろ、最新の宇宙論によると、最初の宇宙は無からポッと出現したと 説明されているからです。私たちの常識では「無」とは何もないから「無」。 何もないなら、そこから何も現れない、と考えるのが自然です。
しかし、宇宙論では、無と有のバリアをくぐり抜け、宇宙がポッと現れた といいます。
このようなことがありえるかは、本文の項目300から302をお読みいただく として、宇宙のような遠くのことでなくても、「ふしぎ」はわれわれの生活 や文化、身の回りにたくさんあります。
例えば、
◎なぜ、神社の鳥居があるか
◎なぜ花嫁は白衣装か
◎なぜ、女性や子どものかん高い声を黄色い声というか
◎抱いている子どもが眠ると、なぜ重く感じるか
◎裁判官は、なぜ黒い衣装をまとっているか
言われてみれば、ほんとにどうして、と思われます。そのなぞを解かれる と、なるほど納得する、そんな「ふしぎ」なことを313項選びました。
ベストセラー『たのしい雑学読本』に続く、坪内忠太の『雑学読本』第2 弾です。

目次
第1章 神社の入り口に、なぜ鳥居があるか?
第2章 女性や子どものかん高い声を、なぜ「黄色い声」というか?
第3章 なぜ、恋をすると女性はきれいになるか?
第4章 氷点下の南極でなぜ、ペンギンの卵は凍らないか?
第5章 なぜ、トンビはくるりと輪を描くか?
第6章 中華料理の円テーブルは、なぜグルグル回るようにしてあるか?
第7章 ワイングラスは、なぜ脚長チューリップ形か?
第8章 なぜ、400トンもある重いジャンボ機が空を飛べるか?
第9章 月の裏側は、なぜ見えないか?

坪内忠太(つぼうち・ちゅうた)
慶應義塾大学法学部卒。著述家。著書に「父が子と見上げる星座と宇宙」「宇宙の果てをみると宇宙の始まりがみえる」など。
(C)C.Tsubouchi

カスタマーレビュー

総合評価

  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    3
  • 星4つ
    2
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

ナレーション

  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    2
  • 星4つ
    2
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

ストーリー

  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    2
  • 星4つ
    1
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
レビューはまだありません。